ダイエットあれこれ

ダイエットあれこれ
ダイエットに限らず、心と体の健康を考えます。


11月29日大幅値上げ断行!!骨太の男・大戸要の自動販売機式ネット集客システムが生み出した奇跡のアフィリエイト術【自販機アフィリ】

ダイエットに限らず、心と体の健康を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

コエンザイムq10の効果

コエンザイムq10は健康を維持するためだけではなく、美容にも効果があるといわれています。血行がよくなり、むくみや冷え性にも効果がみられます。それは心臓の働きを良くするからです。血液の流れが悪くなって、冷えやむくみの症状が現れるのですが、これはコエンザイムq10が不足することによって、心臓のエネルギーが弱まってしまうことが原因なのです。またコエンザイムq10は肌にも良い効果があるといわれています。肌に弾力と潤いをプラスするだけでなく、肌そのものの抗酸化力を高めてくれます。ダイエット効果も期待できるのがうれしいところです。L-カルニチンというアミノ酸とコエンザイムq10と一緒に摂取することで、体内の脂肪酸がエネルギーに変換されます。それにより体脂肪を燃焼しやすくなるのです。L-カルニチンはサプリメントとして販売されているので、一緒に利用してみましょう。コエンザイムq10の効果は、この他にもたくさん認められています。効果のある病気や症状としては、心臓病だけではなく、腎臓病、糖尿病、動脈硬化、低血圧、痴呆症、パーキンソン病、がん、歯肉炎、歯周病、慢性疲労症候群、免疫力強化、抗加齢などがあげられます。またコエンザイムq10の効果がとても期待されていて、サプリメントの売り上げを年々の伸ばしている国がアメリカです。コエンザイムq10をサプリメントで摂取するということは、とても画期的なことで、手軽に摂れる健康食品として、その人気は衰えを知りません。
スポンサーサイト
この記事のURL からだ コメント : - トラックバック : -

コエンザイムq10の特徴

コエンザイムq10は日本産まれです。ではいったいどんな働きがあるのでしょうか。私たちが生きていくために必要なエネルギーをアデノシン三リン酸(ATP)といいます。学校で勉強しましたね。このATPを作り出すために必要不可欠なのです。栄養素が燃焼されて、生きるためのエネルギーを作り出しているのがミトコンドリアです。これは私たちの細胞ひとつひとつに存在しています。コエンザイムq10はこのミトコンドリアの中に存在しており、エネルギーを作り出す作用があるのです。体内のコエンザイムq10が不足するとどのような症状が現れるのでしょうか。エネルギーも不足することになり、体のあらゆる機能や免疫力が低下し、心臓病を始めとするさまざまな病気を引き起こします。コエンザイムq10は年齢は上がるとともに不足する傾向がありますので、補っていくことが重要です。コエンザイムq10は1日30~60mg摂取する必要がありますが、これを食事で補うと大変な量になってしまいます。そこでサプリメントなどで補うことが大切です。もう一つコエンザイムq10には抗酸化作用という働きがあります。これは細胞を酸化から守ってくれるもので、かなり強力な作用があるようです。疲労やストレスによって、活性酸素というものが体内で増えすぎてしまうことがあります。この活性酸素は体内を守るためのもので、生きていくうえでは不可欠ですが、増えすぎは良くないのです。増えすぎると細胞破壊が起こり、動脈硬化、心臓病、糖尿病などの原因になります。この活性酸素を抑制し、体の酸化を防いでくれる働きをするのがコエンザイムq10です。コエンザイムq10は私たちにとってとても重要で必要不可欠な存在だと言えるかも知れません。
この記事のURL からだ コメント : - トラックバック : -

太りにくい体になる

頑張ってダイエットできたとしても、また太ってしまっては意味がりません。「太りにくい体」になるにはどうしたらよいのでしょうか。太りにくい体とはそもそも基礎代謝の高い体のことをいい、基礎代謝を高める方法は、筋肉をつけることです。筋肉はたんぱく質からできており、筋繊維があつまった組織です。この筋繊維を鍛える運動が無酸素運動です。筋力トレーニングやダンベル体操などはその代表格で、よく知られていますね。ただし無酸素運動を普段運動していない人がいきなり行ってしまうと、体の関節や筋肉を痛めてしまう危険があります。毎日少し筋肉に負担をかけるような簡単な運動を続けることが大切です。ハードな運動をする必要はないのです。100メートル走や重量挙げなどの息を止めるような無酸素運動はどんなに効果があってもおすすめできません。体に負担がかかるからです。太りにくい体を作るために、おすすめな運動はいつでも気軽にできる静的運動です。まず走ったり、歩いたりすることなく体を固定して行うということが静的運動の大きな特徴のひとつとしてあげられます。また押す・引くなど筋肉の収縮を持続させる等尺性運動と、筋肉を繰り返し使う等張性運動の2種類があります。両方の運動ともに筋肉を強化するには有効です。1日1セットを毎日持続すると効果があるでしょう。ストレッチや腹筋運動などで、お尻やお腹まわり、腕や脚などの筋肉を鍛えましょう。それが太りにくい体を作ることにつながります。有酸素運動で脂肪を燃焼するとともに無酸素運動で筋肉を鍛え、太りにくい体を作っていきましょう。
この記事のURL からだ コメント : - トラックバック : -

コーヒーのダイエット効果

痩せようと色々なダイエットを試しているのに、はっきりとした効果が感じられない人がいます。その理由は「痩せにくい体質」にあるようです。痩せにくい体質の人は、体の中の体脂肪を燃やす機能が衰えている状態になっていることが多いようです。コーヒーにはダイエット効果があるといわれています。まずカフェインが基礎代謝を上昇させ、さらにクロロゲン酸が褐色脂肪細胞に作用して、脂肪の燃焼効率をアップしてくれるのです。このコーヒーを摂取することで、より痩せやすい体へと変化させることができるといわれています。またコーヒーのカフェインにはもうひとつの働きがあります。脂肪細胞に蓄えられた体脂肪を分解するためには、リパーゼという酵素の働きが必要です。けれど大昔から飢餓に苦しめられてきた人間の体には少々のことでため込んだ脂肪を分解しないようなしくみが元々備わっているのです。そのひとつがPD酵素でこの酵素が分泌されるとリパーゼの働きが抑えられてしまい、体脂肪の分解が妨げられてしまうのです。コーヒーのカフェインのすごいところは、このPD酵素の働きを抑えることができることなのです。早く痩せるためには体脂肪の分解と燃焼を効率よくすることが大事です。コーヒーのカフェインを摂ればそれを促進させることができるでしょう。また血液をサラサラにしたり、脳の働きを活性化させる働きを持っているのがコーヒーのとてもよい香りの元である「ピラジン」です。ダイエットに限らず、私達が考えていた以上にコーヒーにはたくさんの効果があるのです。
この記事のURL からだ コメント : - トラックバック : -

しそ酢のダイエット効果

しそ酢を飲んでダイエットをする、というのがテレビで紹介されて以来、だんだん流行しだしています。そもそもしそ酢とは黒酢にしその絞り汁を加えたものです。しその葉に豊富にふくまれているものに、ポリフェノールのひとつ、ロズマリン酸があります。ロズマリン酸はしそ科の植物にふくまれていて、糖や脂肪の消化・吸収を抑える働きがあります。これがしそ酢のダイエット効果です。人が炭水化物を摂取すると、炭水化物から麦芽糖、そして次の段階でブドウ糖へというふうに徐々に分解されていきます。使われずに余ったブドウ糖は中性脂肪へと変化していきます。これが肥満の元になるのですが、ロズマリン酸が麦芽糖をブドウ糖へと分解する酵素を抑えてくれるので、ブドウ糖に変化できなかった麦芽糖がそのまま体の外へ排出されるのです。このようにして体に脂肪がたまっていくことを防ぎながら、さらに血糖値の上昇を抑制するという力も発揮します。このように血糖値が上がらないようになると、それはインシュリンの分泌も増えないことにつながり、このこともしそ酢のダイエットでの効果を導くことになります。その上、しそには今よく話題になっている血液サラサラ効果というものもあり、さらに免疫力を高めてくれる力もあって、健康増進に一役買うこともできるというわけです。このような効果をもたらすしそに黒酢の効果が加わると、むくみが取れる、便秘も解消される、さらに利尿作用や新陳代謝が高まる、というな効果もも加わることになり、体には良いことだらけです。ダイエットをするのなら、からだにも良く、確かな効果が期待できるしそ酢ダイエットが、今一番のおすすめです。
この記事のURL からだ コメント : - トラックバック : -

ダイエットクッキーにはおから

おからでダイエットクッキーを作ることが、今大変ブームになっています。おからはダイエットが目的だけでなく、健康にも大変よいことが人気のポイントで、今やダイエットクッキーのレシピに使われるものとして欠かせない存在になっています。おからは日持ちするものではないため、賞味期限はあまり長い方ではなく、おからダイエットクッキーを作るために長持ちさせたいのであれば、おからを新鮮なうちに冷凍することがお勧めです。とはいえおからは水分量が多いので、冷凍すると一つに固まってしまうので、フライパンでおからを炒って水分を飛ばすか、あらかじめ使う分量ずつにビニール袋に小分けするなどの一手間をかけてから冷凍し、解凍は自然解凍で。おからダイエットクッキーのレシピに使うおからとしては、生のおからの他に乾燥のおからもあり、これはおからの保存性をよくするため、乾燥させたものです。この乾燥おからは普通は水で戻して使うものですが、クッキーを作る場合は水で戻さないで乾燥したままのおからを使うのがポイントです。粉末状にしたおからパウダーもあり、こちらの方がおからダイエットクッキーのレシピには向いているかもしれません。おからをペースト状にして、常温状態での長期間の保存が可能なように、特殊な製法で加工されたものもあり、これもお菓子を作るには使いやすいかもしれません。もう少々手間ひまかけて、おからを自分で手作りするのに挑戦してみるのもいいかもしれませんよ。これはおからダイエットクッキーの作り方として、一歩手前から余分に自分で作ってみるということで、思った以上に簡単に作ることができる上に新鮮な豆乳ができあがり、これも魅力です。おからクッキーはダイエット用食品にはもちろんぴったりで、しかも甘いお菓子などを食べたときにおこるような罪悪感をいだくようなことなく、またカロリーを気にすることもなく食べられる健康的なおやつでもあります。おいしいものをおいしく食べ、その食品のよさを取り込みながらダイエットができ、なおかつ健康にもなれたなら、それこそがダイエットの理想的な形でしょう。
この記事のURL からだ コメント : - トラックバック : -

青汁とは

青汁は、いくつかの種類のものが販売されていますが、材料はどれも同じものというわけではないのです。青汁は、緑黄色野菜をすりつぶした搾り汁のことをいいます。ですから、その材料に特定はありません。青汁の材料には、ケールや大麦、いぐさ、ゴーヤなど、さまざまです。こんな材料の中には、栄養分や食物繊維がぎっしり詰まっていて、そんな材料から作られる青汁は、飲むことで一気に栄養補給ができるのです。しかしこのいかにもおいしくはなさそうな材料を見ればわかるように、青汁はおいしくない、苦くて渋い、飲みにくいもの、という印象を持たれてしまうことが多々あります。特に子供には飲みにくいですし、いくら栄養があるからとはいえ、まずいものはまずい、口に合わないものは合わないです。口にするものですから、味が合わなければこれはもう飲むのに苦痛でしかないわけで、この点はもう譲れるものではありません。健康食品にもかかわらず、そのまずさから人気はなかったのですが、CMで話題になったことや、飲みやすいように改良されたこと、そして健康志向が高まったこともあり、飲む人が増えてきました。飲みやすく改良されたものが多く出回っている今ならば、試しによさそうなものを選んで飲んでみるのもいいのではないでしょうか。緑黄色野菜は、1日に120g以上を摂ることが理想といわれています。日々の食事でこれだけの量を摂るのは大変なことで、それならば簡単に摂れる青汁を飲んでみるのもいいのではないでしょうか。今ネットの通信販売で売られている青汁は価格も安めで、さらに飲みやすい味になっており、大変売れている商品です。この青汁の商品がおいしいという証拠に、一度試してからこれを買い続けている人が増えているようです。
この記事のURL からだ コメント : - トラックバック : -

マッスルトレーナーでダイエット

マッスルトレーナーというのは、今、注目を集めている、ウォーキングシューズのことです。そしてダイエットサポートアイテムとしても有名になりつつあります。ダイエットをサポートする為の効率を追求しているマッスルトレーナは、ダイエッターには必見の商品です。ウォーキングすることにより、同時に筋肉強化を目的とした商品なのです。マッスルトレーナーを履いてウォーキングをすることにより。マッスルトレーナーを使うと使わないとでは脂肪燃焼の効果に格段の差が出できます。ですから、ダイエットサポートアイテムなので、シェイプアップ効果が抜群な商品なのです。マッスルトレーナーを使用して毎日のウォーキングをすること。マッスルトレーナーには、問題視されているメタボッリックシンドロームの予防や、生活習慣病の予防になることが期待されています。マッスルトレーナーは、毎日30分程度のウォーキングだけで、体脂肪率に変化が見られるとされています。マッスルトレーナーの効果の秘密はその重さにあります。男性用で約1400g、女性用では約1200gという重さになっています。これならば、通常のシューズを履くよりもダイエットや筋力アップに効果があるマッスルトレナーを履く方が効率がよいでしょう。
この記事のURL からだ コメント : - トラックバック : -

疲労を回復させるためには

疲労回復には、栄養バランスのとれた食生活、充分な睡眠。適度の運動などが必要です。健全な食生活は、健康な生活を送るためとても大事で、疲労回復の基本です。疲労回復には脳が関わり、その脳の活性化が、疲労回復には欠かせないです。脳を活性化をしたければ、栄養分を充分に体内に取り入れることです。ビタミンB1(脳のエネルギー源である糖の代謝を高める)。カルシウム(脳の神経伝達物質を生成する)。アミノ酸はタンパク質の最小単位のもので、脳機能にかかわり、記憶学習能力を維持し、脳を活性化させる優れたビタミンなのです。疲労回復がなかなか充分できない原因には脳の衰えが関係していることがあります。ビタミンB1、カルシウム、アミノ酸が含まれたバランスの良い食事を摂ることが大事です。睡眠は、健康生活の基本であり、疲労回復には絶対に欠かせないものです。良い睡眠を取ることにより、脳の疲れを取り除き、心身ともに意欲を得ることができます。適度な運動は疲労回復に貢献します。色々な運動がありますが、無理せずに長期的に続けられる、ウォーキングがオススメです。ウォーキングのような適度な運動では、新陳代謝機能が上がり、体内組織の働きが活発化し、血液循環が促進され疲労回復に役立ちます。
この記事のURL からだ コメント : - トラックバック : -

疲労の原因と症状について

疲労といわれるものには、体力的な疲労のほかに、もうひとつ脳の疲労というものがあります。身体的疲労は、身体を無理して使ったり、動かしすぎたというときに起こるものです。身体が疲れていると感じたとき、その疲れを取ろうと思ったら、まず身体を休めようとするでしょう。鼻歌で今自分が楽しい気分だと誤魔化しの術をかけたりする事もあるでしょう。それでも疲れがとれたように感じられないときは、脳の疲れ、または自律神経の乱れによる疲れの場合があります。神経性の疲労が起こるメカニズムは、まず思考や記憶などの脳を使う作業が連続して行われた場合、脳を調整する力が落ちます。そのため情報の処理をスムーズに行うことが難しくなるため、疲労してしまうといわれています。脳の疲労を解消するには、ビタミンCを摂取します。また森林浴などで言われるように、緑や自然の香りをかぐことが脳を癒すことになり、疲労回復へとつながります。疲労回復に効果をあげるためには、ビタミンCは一度にあまりたくさん摂らないほうがよく、時間をずらして何度かに分けて摂るといいでしょう。疲労があまりにたまりすぎると、体がだるくなったり頭痛、肩こりを起こし、また冷え症やのぼせ、生理不順の原因になったりします。また集中力、思考力、判断力の低下、意欲や気力の減退、些細なことにイライラするなどの症状が出てきます。
この記事のURL からだ コメント : - トラックバック : -
プロフィール

bombom6

Author:bombom6
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
おすすめ
本日のおすすめ!画像にカーソルをあてると・・・
powerd by 楽市アド360
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。