ダイエットあれこれ

ダイエットあれこれ
ダイエットに限らず、心と体の健康を考えます。


11月29日大幅値上げ断行!!骨太の男・大戸要の自動販売機式ネット集客システムが生み出した奇跡のアフィリエイト術【自販機アフィリ】

ダイエットに限らず、心と体の健康を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

メタボリックシンドロームとは?

今雑誌やテレビ、様々なものからしきりに目や耳に入ってくるメタボリックシンドロームという言葉がありますが、メタボリックは代謝を、シンドロームは症候群という意味を表しています。内臓脂肪過多の状態がメタボリックシンドロームだと思っている人は結構炒るのではないかと思いますが、正確には内臓脂肪肥満症を指していて、さらに生活習慣病として高血圧や高血糖、高脂血症などを起こしている場合のことをいいます。心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引き起こす原因であり、体脂肪率の高い人は要注意ですね。日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどが引き金となって起こるものといわれています。まずは余分に蓄積した体脂肪を減らすために、ウォーキングなどの有酸素運動や筋肉トレーニングなどを取り入れ、運動不足を解消し、食生活を見直すなどの生活改善が必要です。一般的にメタボリックシンドロームが急増する時期があるといわれ、それは40歳を超える頃だそうです。そんな時期も、今では食生活の欧米化などのせいで関係なく、もっと若い世代の人たちまでもがそんなメタボリックシンドロームの可能性を秘め、いわゆる「予備群」として存在しているといわれています。とにかく体脂肪が増えてしまうことは、メタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることは間違いありません。人間には生きていくための機能として、体脂肪を蓄積するわけで、それは人間の本能です。生まれつき体脂肪を蓄積しやすい人もいるわけで、これを「肥満遺伝子」と言いますが、特にこの遺伝子を持つ人は、食生活改善の必要があります。肥満度が高すぎるという状態は、少なからず身体に悪い影響を与えてしまいますから、そうならないようにしっかりと予防することが大切になります。こんなメタボリックシンドロームを招かないために、体脂肪率は常にチェックしておくことが大切です。
スポンサーサイト
この記事のURL ダイエット コメント : - トラックバック : -

体脂肪率をチェックしよう

自分の体脂肪率を計測し、自分が今どのような状態でいるのかを知るために、まず体脂肪率をチェックする必要がありますね。測定にはいくつかの方法がありますが、水中体重測定法、空気置換法、二重X線呼吸法、皮下脂肪厚法、生体インピーダンス法などがあります。聞きなれない測定法ばかりですが、簡単に測定できる「体脂肪計」が一番です。体脂肪率を計測する前に、自分の体重をチェックするのですが、これは標準体重より重い場合、余分な脂肪が蓄積されている可能性があるからです。体重を標準と比べてみた場合、それより重いとしてもこれは目安としてあるもので、必ずしも肥満を表しているわけではありません。そうして体脂肪率チェックへと移りますが、日ごろ運動をしている人とあまり運動をしていない人とでは、たとえ体重と身長が同じだとしても、筋肉と脂肪とで身体を占める割合が違ってくるのです。上記の数値を基準にして、減らす必要があるのかないのかを判断しなければなりませんね。なるべく同じ状態であるときを選んで体脂肪率を計るのが大切なことです。体脂肪率計測結果により、体重を減らさなければならないほどではなかったとしても、身体は生活環境や年齢などにも左右されるものですから、やはりそれを保っていけるよう気を付けなければならないでしょう。そして体重を減らさなければならなかったとしても、激しいダイエットは身体にいいことは何もないので、決してしないようにしなければなりません。まずは食生活や生活習慣の改善をし、無理のないダイエットをしてください。体脂肪率の数値を、単に太っているかやせているかを見るためだけの物とせず、それを自分が健康的な生活を送れているのかということを知る判断材料にすることの方が大切だということを、心に留めて起きたいものです。
この記事のURL ダイエット コメント : - トラックバック : -

食事と運動で痩せる

カロリーの低い食品だけを食べ続けるダイエット方法は、実はとてもリバウンドしやすい方法です。リバウンドのしないダイエットはバランスの良い食事と適度な運動が必要です。糖になるものを控えようと炭水化物を摂らずにいると、低血糖になるので健康にもよくありません。ある程度の筋肉を作って脂肪が燃焼しやすい体を維持することも大事です。筋肉を作るには肉類でも特にささみ、そして大豆加工製品や豆製品です。筋肉を作るためには、炭水化物を燃料に脂肪を燃焼させなければなりません。その他にも、ビタミン類やミネラルも健康を維持するには欠かせません。ビタミンを含む野菜やミネラル豊富な海草類も摂取しましょう。運動を続けるには、毎日少しずつを習慣づける必要があります。まず15分くらいのウォーキングで体を慣らします。15分というと長そうですが、1日のうちの1%と思えば気は楽になるのではないでしょうか。1日の総摂取カロリーが総消費カロリーを下回れば体重は必ず落ちます。ダイエットのポイントはいかに脂肪を落とし、付きにくい体にするか。これがリバウンド防止にも繋がります。一回の食事の量を抑え、そして空腹感を感じる前に食事を取るように回数を増やすことが、体の負担の少ない理想的な食事です。3時間おき程度に少しずつ食べることが理想的です。少しずつ食べることは吸収をよくして脂肪として貯め込むカロリーを減らす効果もあります。お腹が空いている時に一度に大量の食事をとると、体が飢餓状態になっているので脂肪を蓄積しようとします。食事と運動によるこのダイエット法は時間がかかりますが、体にもやさしく、食生活そのものが改善されます。無理に体重を落とすわけではないのでリバウンドも起こりにくく、体調を崩さずに体重を落とすことができます。
この記事のURL ダイエット コメント : - トラックバック : -

お米とこんにゃくでダイエット

ダイエットの方法はたくさんありますが、お米をそのまま食べて体重を減らす方法もあります。お米は毎日食べるものなので、このお米を利用してのダイエットは生活サイクルを崩すことなく行うことができます。お米は日本人にとって重要な主食。お米と一品おかずがあれば満足という人もいるでしょう。そのお米、玄米や分づき米、白米など食べ方も色々。最近ではお米に混ぜる雑穀や古代米も数多く出回っています。ダイエットの方法として、実は特殊なお米を使わずとも自宅にある白米に混ぜて炊くだけで白米のカロリーダウンができる方法があります。その食品とはこんにゃくです。こんにゃくは、ゆっくりとよく噛んで食べるにはとても効果的です。歯ごたえがあり、独特の食感と弾力性をもっています。ダイエットの基本の一つに、食事をゆっくりとよく噛んで食べるということがあります。よく噛んで唾液を出すことで満腹中枢を刺激するのですが、こんにゃくはダイエットにとても適した食材です。こんにゃくの原料はこんにゃくいもですから、肉や魚の脂肪分とは無縁です。カロリーも少なく、ダイエットには大活躍します。お米とこんにゃくでやるダイエットとは、白米の一部をこんにゃくに置きかえる置きかえダイエットです。方法に難しいものはありません。いつものご飯を炊く時に、好みの割合でこんにゃくをお米に混ぜ込み、そのまま食べるだけ。こんにゃくとお米というと違和感のある組み合わせかもしれませんが、実際には普通のお米を食べる時とあまり変わりません。むしろ、食感がモチモチしていて確かに普通に食べても満腹感が得られます。こんにゃくの量を調節することにより30パーセントから50パーセントのカロリーダウンを調節することも可能です。玄米などの独特のにおいや味が慣れずに続かなかった人には特にお勧めのダイエット方法なのです。
この記事のURL ダイエット コメント : - トラックバック : -

太る理由

体重が落ちない理由は、突き詰めればとてもシンプル。体内に取り込むカロリー量と、体から出る排泄物の量を比べた時に、排泄物の方が少ないからに他なりません。とはいえ全てがその法則に集約されるわけではありません。小さい時から太り気味な人もいます。基本的に太る理由の1つの「肥満細胞」が確立するのは、大体3歳までといわれています。子どもが喜ぶから、ほしがるからといって、安易に大好きなお菓子やカロリー過多な食品を与えすぎてはいませんか。大人になってもやせにくくなります。このことを逆手に取って、肥満細胞を少なくしておくことができます。子どもの頃にカロリーを取らなければいいのです。そうすれば、多少の食べ過ぎでも簡単に体重が増えない体質が維持できます。後は、遺伝性の物もあります。やはり自分の両親や、身内に肥満な人が多いと、自分も太りやすい体質の可能性が多いので、注意しなければなりません。日々の生活の中で消費するエネルギー量が食べる量より少ないと、行き場のなくなったエネルギーは体の中で脂肪になります。運動を日頃から行わない人なども、エネルギーが余るので、太りやすく、やせにくくなります。今の自分が一番なんだと開き直ってみるのも良いかもしれません。自分自身を素直に信頼し、自然体の自分をありのまま受け入れてあげればココロに余裕も出てきて、自分らしく輝いて生きていけると思うのです。
この記事のURL ダイエット コメント : - トラックバック : -

やせたいと思う理由

左をみても、右をみても痩せたいと思っているひとがたくさんです。どうして、たくさんの人が痩せたい願望を持っているのでしょうか。平均的な体重でまったく太っていないのに、まだまだ痩せたいと思っているひとは多いはずです。無理してやせたいと思う理由には自分のどこかに自信がないからではないでしょうか。例えば女性が恋をしたとき、自分をもっと魅力的に見てほしいと思い、痩せたいという気持ちが芽生えます。また、年を取るにつれて生活習慣病などにならないために、痩せたいと思っている人もいるでしょう。一概にやせたいといっても、理由は人それぞれ違います。女性だったら、痩せて綺麗に見られたいということは誰しもあることです。以前に太っていた人がやせると自分に自信がつき、内面からも外面からも綺麗になった気がします。自分は他の人に比べて太っていると思い込んでいる人か多いのも事実です。本当は太ってなんかぜんぜんないのにも関わらず。いつも通りの自分以上に無理をすることは、自分に負担をかける事にもなります。そんな人は他のヒトへの要求も高く、ありのままに受け入れることが出来ない傾向があるようです。素直に自分のありのままを受け入れて、自分らしさを認めることも大事です。今の自分が一番なんだと開き直ってみると安心し、自分らしくいきいきと輝いて見えるようになると思います。
この記事のURL ダイエット コメント : - トラックバック : -

セルライトのつきやすい場所

体の中で脂肪細胞が最も多い場所に多く見られる傾向があるのが、最近よく耳にするセルライトです。脂肪の放出や貯蔵を機能をになっているものをレセプターといいます。脂肪細胞にこのれせぷたー(受容体)があるのです。脂肪を出し入れしている中心的な役割が、このレセプターです。男性と比べて女性の場合は脂肪細胞の中に、このレセプターが下半身に多く配置されているので、特に太ももは太りやすく、痩せにくいのです。例えば太ももの脂肪細胞のレセプターの放出と貯蔵のバランスは均等な数ではなく、放出が1つで貯蔵が6つとなっています。ということは、脂肪を放出するドアが1つしか無いのに比べて、脂肪を貯蔵するドアが6倍もあるということになるのです。このように、体の仕組みが脂肪を貯めやすくなっているので、どうしても他の場所に比べて太ももは太りやすく、痩せにくいというのはしょうがないことなのですね。体の構造上、太ももを含んだ下半身はセルライトが一番できやすい部分なのです。以上のことから、下半身と上半身とは脂肪に対する貯蔵、放出の機能が逆になるので、太りにくく、痩せやすいのです。
この記事のURL ダイエット コメント : - トラックバック : -

セルライトとは

セルライトとは、思春期以降の太った人から、痩せた人まで、ほとんどの女性に見られる現象です。皮下組織の血行不良が原因です。あと、セルライトは妊娠線とも呼ばれています。セルライトが出来てしまう原因は脂肪が急激についたり、胎児の成長などで皮下組織内で起こります。結果的に体重は増加傾向になりがちです。皮下脂肪の多い下半身部分、例えばお尻、太ももや、二の腕にできやすいのです。体脂肪の多い人もそうです。太ももなどにも、セルライトが出来る人はたくさんいます。代謝の低下や血行不良が原因ですので、肥満が原因とは一概にはいえません。皮膚の表面にある、ボコボコしたものが、まさにセルライトです。出来やすい傾向にある部分は、太もも、お尻、二の腕などで贅肉の付きやすいところです。脂肪とセルライトが同じだと思っている人も多くいると思います。しかし、実際は脂肪ではありません。脂肪細胞の変性下状態の事をセルライトといいます。リンパの流れが滞ったり、血流が悪くなったりして出来るのです。脂肪とセルライトは同じものだと思っていた人は本当に驚きの事実となりますね。
この記事のURL ダイエット コメント : - トラックバック : -

スピードダイエットをした後は

ダイエットには、長期でじっくりと行う方法と短期に一気に体重を減らす方法がありますが、さほど大きな違いはありません。急激に集中的に行うか、時間をかけてじっくり行うか。スピードダイエットで成功しても、それにホッとして気が緩んで、元の食べ過ぎな食生活に戻ってしまってはスピードダイエットの苦労が水の泡になってしまいます。人間の体は飢餓状態が続くと食事を摂った際に必要以上に体内吸収をしようとします。むしろダイエット前よりも体重の増加を招きます。短期ダイエットは、終わってからこそが本来の自分の意思が試されます。長期ダイエットに移行できれば理想的ですが、そうでなくても、すぐに元の、あるいは元以上の食生活に戻るのではなく、体と相談しながら段階的に元に戻すことが大事です。スピードダイエット中は食事制限や急激な運動、目標達成までのプレッシャーなど様々なストレスと戦っています。ダイエット中はストレスを溜め込んでしまうのはしょうがありません。ダイエットが終了したあとそのストレスをどこに発散させるのかがポイントです。食べたかったストレスを食べることで発散しては無意味です。温泉や森林浴、アロマテラピーなどのリラックスできることをすることでストレスを散らすことも有効です。短期間でダイエットをした人は胃も縮小されて小食になる人が多いのです。これをチャンスと考え長期的に自分の体と食生活に目を向けてみることをオススメします。頑張れる自分。ダイエットを成功させてキレイになった喜びの感情を忘れずに、ダイエットで得た楽しみを継続させましょう。
この記事のURL ダイエット コメント : - トラックバック : -

スピードダイエットのリバウンド

スピードダイエットには成功したけれど、その直後のリバウンドで元の体重に戻ってしまった、という話はよく聞きます。リバウンドした後でまたダイエットを行い、再度体重を減らしたもののまたリバウンド。ということを繰り返すと、痩せる毎に体が飢餓状態になるので基礎代謝の量が落ち、体脂肪の割合を増やす結果にもなってしまいます。結果的に体重は増加傾向になりがちです。スピードダイエットの後でリバウンドをしないコツは、ダイエット中にスピードダイエットの後のことも考えておくことです。一瞬だけ痩せることが目的なら考えずともいいですが、スピードダイエット後はどうするか、いざ減ってから考えようとしても追いつかないものです。体重を維持することは、体重を減らすことと同じくらい大変なことだということは把握しておくべきでしょう。サプリメントを使用したスピードダイエットを行った場合、そのサプリメントがどういうメカニズムでダイエットを助けたかを把握しておく必要があります。大幅なカロリー制限をして体重を減らすダイエットは一番リバウンドが起きやすいダイエットです。ダイエット後の体重も充分に注意しましょう。一番いけないのが、ストレスをためてしまいがちなことです。頑張ってスピードダイエットをしてせっかく体重を減らしてもリバウンドしてしまうと先々のやる気がわきません。これでは、一生ダイエットに成功しないのではないかと自信を失ってしまいます。ダイエットする以上はリバウンドともさよならしましょう。
この記事のURL ダイエット コメント : - トラックバック : -
プロフィール

bombom6

Author:bombom6
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
おすすめ
本日のおすすめ!画像にカーソルをあてると・・・
powerd by 楽市アド360
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。